第10回 石のまちシンポジウムのお知らせ

KANAYA STATION(金谷ステーション)は鋸山の麓にあります。
鋸山は、江戸時代より200年にわたり採石業が営まれた歴史をもち、近年では採石の痕跡や各種遺構は、
研究者や学識研究者から高い評価をいただいております。

今年も房州石の歴史を探る「石のまちシンポジウム」が
2018年11月17日(土)13時~17時に開催されます。
(詳細は画像をご覧ください)

会場は、金谷小学校の体育館。申し込み不要・参加費無料です。
地元富津市の天神山小学校と金谷小学校児童による発表もあります。

また、翌18日9時~12時には、石切り場跡見学ツアーも開催されます。
金谷美術館、または前日にシンポジウム会場にてお申込みください(JR浜金谷駅集合。参加費500円・傷害保険料込み)

詳しい内容やお問い合わせについては、
金谷美術館 ☎0439-69-8111 までお問合せください。