ABOUT US

金谷ステーションは、南房総を訪れるお客様に特別な時間・体験をご提供するための総合観光インフォメーションセンターです。

元々は、古い温泉旅館でしたが、旅館閉館後、リニューアル期間を経て、2017年3月に新しく生まれ変わりました。

STATIONとは、「駅」という意味はもちろんのこと、「拠点」といった意味合いをもちます。

金谷は、古くより“南房総の玄関口”と言われた港町です。
また、電車・車・フェリー、すべての交通手段で南房総への経由地点となっています。
南房総を100%楽しむ準備をするための、あるいはゆっくりと旅の思い出に浸るための空間と情報を
金谷ステーションではご用意しています。

年々増加する海外からのお客様にも対応し、
海外に向けて房総を発信する拠点、海外から金谷へ金谷から房総への流れを創出する場となります。

さあ、南房総の溢れる魅力に胸をいっぱいにする準備は出来ましたか?豊かな南房総の時間をお楽しみください。

金谷ステーション住所

〒299-1861千葉県富津市金谷2175

Tel:0439-29-7755

Fax:0439-29-7756

 

営業時間

◆観光案内&カフェ&日帰り入浴

10:00~17:00(日帰り入浴最終受付17:00)
定休日:水曜日

アクセス

◆JR内房線浜金谷駅より、徒歩3分(浜金谷駅時刻表
◆東京湾フェリー金谷港より、徒歩5分(東京湾フェリー時刻表
◆館山道富津金谷インターチェンジより、車で5分
◆国道127号沿い、セブンイレブン富津浜金谷店隣

KANAYA STATION MAP

運営

金谷ステーションは、NPO法人オール富津情報交流センターが運営しています。
NPO法人オール富津情報交流センター(AFICC)は、「まち・ひと・しごと創生」を目標に掲げる官民連携によって立ち上がった「富津市観光・しごと・移住推進プロジェクト-East Coast of Tokyo Bay-」を実現を目的としたNPOです。

アクアラインによって羽田から40分という大都市から至近の北部、対岸の横須賀からフェリーで40分という観光客で賑わう南部と、東京湾の南北に40キロにも及ぶ海岸線を有し、海と山に囲まれた自然と人々の温かさに富む富津市。

ビジネスのポテンシャルに満ちて伸び続ける北部と、観光産業を中心に国内外の人々を引き寄せる南部が一体となり、点在する数多くの魅力あるコンテンツを結び付け、市内の様々な個人・法人・企業・団体を応援します。

そのうちの南部観光ビューロー事業の一環として、金谷ステーションは運営されています。